FTM・FTX・性別に何らかの違和感を感じてる女性、またその家族や友人などの方達の為の役に立つコラムや相談が出来るサイト

ネットで薬を買っちゃだめですか?


ネットで薬を買っちゃだめですか?
男性ホルモンの軟膏をネットで売っているお店をみつけました。
注射よりも怖くないし、カウンセリングに行くには親の保険証を使わないといけないので、便利そうだなと思っています。
背が伸びる薬も売っているみたいです。


回答


インターネットで薬を購入する「個人輸入」には、主に以下のリスクがあります。
① 薬の成分が不明・ウソ
国内で製造・販売されている医薬品は安全性試験や規格がきちんとしていますが、ネットで売っている薬は安全性や製造上の衛生環境に問題があったり、そもそも成分が書いてなかったり、書いてあってもウソだったりします。
背が伸びる薬とはあまり一般的には耳慣れないですが、どんな成分なのでしょうか。
(例:ネット上のED治療薬の約6割は偽造品)。
② 健康被害がしばしば起きる
薬の個人輸入は、死亡事故も含めた重篤な健康被害が起きています。
健康被害が起きたり、なんだかおかしいなと思った時に、飲んでいる薬を持って受診できる病院はあなたの近くにありますか?相談できる人は周りにいるでしょうか。
ホルモン療法は、そもそも定期的な血液検査を必要とします。
(例:携帯サイトを使用して購入したタイ製ダイエット薬で死亡事故
③ 責任をとってもらえない
健康被害が生じても購入したあなたの自己責任とされ、一切取り合ってもらえないケースが大半です。
万が一、きちんとやりとりができる場合でも、製造元の会社に、その国の言語でやりとりをする必要があります。
たとえばタイのA社が製造した薬を、上海のB社(日本語サイトを運営)が販売している場合、健康被害が起きても、日本語の通じるB社は一切取り合ってくれずにA社に問い合わせる必要があります。
あなたが興味を持ったそのサイトは日本語で書かれているかもしれませんが、薬(と呼ばれているその製品)を製造しているのはどの国の会社でしょうか。
もっと詳しくは、厚生労働省のHP(あやしいヤクブツ連絡ネット)をご覧ください。

****
それでも、どうしてもインターネット上で薬を買いたいと思うような追い詰められた環境があるのなら、その環境をときほぐす必要があるかもしれませんね。
・周りに病院がない。自助グループも、頼りになる人もいない。
・家族や学校、職場の理解がない
・ガイドラインに沿った治療が待てない
こういった心情が背景にあるのかもしれません。
変えられそうなものが何かを模索し、自分にとって本当に親切な選択肢をえらびましょう。
ひとりであやしげな薬を飲みながら、不安を抱えることはおすすめしません。
(サポーター)

↑ PAGE TOP